アラサー元百貨店マンの思考整備工場

百貨店に勤務していた社会人3~5年目の記録。もう書きません。

9月は『人間失格』が観たい

9月に入って、急に涼しくなりましたね。

職場の和菓子売場では栗商品が続々と解禁となり、

発注や販売の準備に追われる今日この頃です。

 

芸術の秋!ということで今回は、

ぼくがこの9月に観たい映画をまとめます。

 

※実際に見てきた感想記事のURLも記事の最後に貼っておきました。

 

 

1.『人間失格 太宰治と3人の女たち』9/13公開

 

f:id:achten:20190905163333p:plain

引用:movie walker

https://movie.walkerplus.com/news/article/183789/

 

 

ningenshikkaku-movie.com

 

小栗旬太宰治を演じ、蜷川実花監督が「人間失格」誕生秘話を映画化。

宮沢りえ沢尻エリカ二階堂ふみといった豪華キャストとともに太宰治のスキャンダラスな人生を描いた話題作。

 

観たいポイント①「小説『人間失格』が好き」

 

 普段、ぼくが読むのはビジネス書が中心ですが、小説もたまに読みます。

その中で人間失格』は最も好きな小説です。

 

浪人時代の予備校(駿台)の最後の卒業式的な会で、

英語の先生が、

人間失格は二十歳になるまでに読んでおいた方がいい。二十歳を越えると本当の意味で理解がしにくくなる小説だ。

と話したのを聞いて、大学1年生(19歳)のときに読みました。

 

女にすがってしまう男の弱いところを凝縮したような小説で、

ものすごく共感したとともに(笑)、自分の経験をもとにこんなものを小説にしてしまう太宰治に、いろんな意味の畏敬の念を抱きました。

 

まだ読んでいないという方は、ぜひ心が大人になってしまう前に読むことをおすすめします。

 

 

観たいポイント②「主演が小栗旬

 

 小栗旬もこれまたぼくの好きな俳優で、観たいポイントの1つです。

小栗旬主演で好きな作品でパッと思いつくのは、

 

·ドラマ『リッチマンプアウーマン』(2012)

·映画『信長協奏曲』(2016)

·映画『ミュージアム』(2016)

 

以上3つです。

そのほかにも二階堂ふみ成田凌など、好きな俳優がたくさん出てるので、

これは観たい。

 

2.『記憶にございません!』9/13公開

 

 

kiokunashi-movie.jp

 

日本の喜劇王三谷幸喜監督の最新作。中井貴一主演。

国民に嫌われていた総理大臣が記憶喪失になってしまう。

国政の混乱を避けるために、記憶をなくしたことを隠し、

なんとか公務を行っていくというストーリーのコメディ映画。

 

 

観たいポイント「監督が三谷幸喜

 

 

観たい理由を要約するとこれになります。

三谷幸喜脚本の作品が昔から好きで(『古畑任三郎』とか『清須会議』とか)、

「この人の頭の中どうなってるだろな~」といつも感心してしまいます。

 

『記憶にございません!』は予告動画の中井貴一が面白く、

今回も間違いないだろうと思っています。

 

 

3.雑記

 

この2つは絶対に観たい。

公開日がどちらも9月13日で、ぼくは14日が休日。

観る順番は『人間失格』が優先として、

1日に両方観るという手もある...!!!

悩みどころです。

 

ぼくはこのように邦画が結構好きで、

そっちばっかりみちゃう傾向がある。

(洋画もアベンジャーズとかスターウォーズとか超有名どころは観るけどそうじゃない映画はあまりすすんで観ることはない。)

 

だから洋画も観る機会を増やして、いい作品に巡り合う確率を上げていきたいなぁと思う今日この頃です。

 

※2019/9/24追記

↓以上2作品を実際に見てきた感想記事がこちらです↓ 

 

achten.hatenadiary.com

achten.hatenadiary.com

 

ブログランキングに参加しております。

下のバナーをタップしていただけるとうれしいです。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村