アラサー元百貨店マンの思考整備工場

百貨店に勤務していた社会人3~5年目の記録。もう書きません。

だけど僕は

ゲスの極み乙女。の1曲35分の曲がすごい。

 

 

ゲスの極み乙女。の結成10周年を記念したベストアルバム『丸』が5月11日(水)にリリースされた。

25曲を1曲にしてあるのだが、ただ繋げただけではなく、各曲をパーツごとに分解して再構築してあり(「Aメロはこの曲で、Bメロは別の曲で~」とか「メロディーはこの曲なんだけど歌詞は別の曲で~」みたいな)、素晴らしかった。

結成4周年のときから追い続けているから、なんだか感慨深い。

 

川谷絵音になりたいボーイだった。

 

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(2017)という好きな映画がある。

 

あれは、「最後、自分がなりたいものを妥協して、周りに求められる自分になるんだけど、やっぱりさみしい」という話とも取れる。

それでいうと、少し前までの自分は『川谷絵音になりたいボーイ』だった。

騒動後、約1年間の活動休止の後の初めてのライブで、ケロッとして何事もなかったかのように、堂々と自分の音楽をしていた姿は強く印象に残っている。

でも、「いつもこうやってるの?」と言って、寄ってきた女性を何人冷めた目で見ただけでは、川谷絵音にはなれない。

 

そういうタイミングが来たのだろうと思ったので、「なりたいもの」になろうとしていた時代に書いたこのブログはやめて、新しい場所でまた始めることにする。

別にこれはプラスでもマイナスでもなくて、「前進」だ。

 

いまでもなりたいもの、カイリュー、アメニモマケズの人、伊野尾慧

そんな中で、26歳くらいの時からなりたいもの3つは今もなりたい。

カイリュー

カイリュー

理由:優しくて人当たり良くてなおかつ強いから。

 

宮沢賢治雨ニモマケズ』の人

雨ニモマケズ

理由:ソウイウモノニワタシハナリタイから。

 

③伊野尾慧

28歳のころの伊野尾慧

理由:渋くなれない人にとっての光だから。

 

 

またいつかどこかで。

 

 

サウナとマインドフルネス瞑想の話

いまさらですが、「ととのう」について語ろうと思います。

 

「ととのう」とは

いわゆる「ととのう」とは、サウナ→水風呂→休憩→サウナ→、、、を繰り返していると、 休憩中にリラックス状態が極限に達し、多幸感や恍惚感を覚える宙に浮くような、なんともいえない感覚のことをさします。

これはいわば「身体的な『ととのう』」です。この感覚を意図的に作りだすのは至難の業で、 僕もまだ打率が低く、毎回のように作りだすには、鍛錬が必要と言われています。

しかし、ぼくはついに「精神的な『ととのう』」は自分でコツさえつかめれば、容易に作り出すことに気づきました。

精神的な「ととのう」

ぼくが言う「精神的な『ととのう』」とは、今ここに意識が向かい、頭がすっきりしている状態のことで、今世界中で流行っているマインドフルネス瞑想の「マインドフルネス状態」と同じ意味です。 


サウナにはまって2年弱、ようやくサウナと瞑想はとても相性が良いことに本当の意味で気づきました。 

 

「精神的な『ととのう』」に達するコツ

「精神的な『ととのう』」に達する方法は人それぞれ違うと思うのですが、僕のおすすめの方法は、 サウナ→水風呂→休憩(外気浴)を繰り返す中で、「~しなくてはならない」といった考えを一切捨てると決める、ということです。 「呼吸に集中しなくてはいけない」「息は鼻から吸って口からは吐かないといけない」「なにも考えてはいけない」「サウナは何分になるまで出てはいけない」のような縛りを一切外しながらサウナに入ることで、「精神的な『ととのう』」に達することができます。

 

たまにはこういう話も....

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

『花束みたいな恋をした』は生々しすぎて泣けない。

今回は、2021年1月に公開された映画『花束みたいな恋をした』を久しぶりに観て(3回目)思ったことを書いていく。

 

※資格試験を終え、酒を飲みながら書いた論理性も新奇性もない文章なので、心と時間の余裕がある方だけ読み進めてください。

 

菅田将暉×有村架純「花束みたいな恋をした」 坂元裕二らしさがあふれる本予告完成 : 映画ニュース - 映画.com

 

菅田将暉有村架純の物語を、自分たちの物語に思わせるすごさ

 

この間、友人と遊ぶ日を決めた。その日がなんか気になって、
何の日だっけと考えていたら、思い出した。

山根麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)が付き合い始めたのは2015年。まだみんな有線イヤホンを使っていて、きのこ帝国が人気になっていたあの頃、ぼくもその後3年間続くことになる、彼女ができて...

 

 

というように、『花束みたいな恋をした』は、観る人にその物語を、自分の物語に見せる仕掛けがいくつもされていて、すごい。

 

とにかく、権利の問題でふつうは映画の中で出せないような固有名詞(楽曲、書籍、映画、TV番組など、名前だけではなく実物も)がふんだんに使われていて、観ている方にとっても、「あー、そんなときだったな」と同じ世界に没入させるいい仕掛けになっていた。

 

また、物語の内容も、そこらへんに転がっていそう(に思える)なものになっている。

ざっくりこの話の内容を書くと、

 

・夢を持っていた若者が社会に押しつぶされて、現実に向き合わざるを得なくなり、
 その対応の仕方の違いによって2人がすれ違ってしまう話。

 麦(菅田将暉):夢を捨てて現実に向き合う。
 絹(有村架純):夢を捨てずに希望を持ち続ける。

・「恋愛」という理想が、「社会」という現実に侵食されていく話。

・「学生のときの恋愛と、社会人の恋愛って違うよね~。」

 →「学生のときみたいな恋愛なんてもうできないよね~。」

 

こんな感じを見て、わかる通り、
世の中にありふれてありふれて、こすられにこすられすぎたテーマである。

 

あまり明るいテーマではないので、映画にするときは、
無理やりハッピーエンドにしたり、終わりを描かなかったりするものが多いんだけれど、この映画は終わるところまでしっかり細部まで描いていて、生々しい。

 

だからこそ泣けない。

 

ラ・ラ・ランド』はあんなに泣けるぼくが、泣けないのだ。

 

achten.hatenadiary.com

 

でも、恋愛に対する考え方っていうのはこの2作品は共通している部分があると思っていて(というより、ぼくが同じ見方をしているのかもしれない。)、

それは、「良いとか悪いとか、めでたいとか悲しいとかじゃなくて、思い出は思い出として心の奥の方に置いておこう。」というスタンスである。

 

 

「花束みたいな恋をした」のタイトルの意味の考察に

「『花束を捨てる場所を探す男と、花束を飾る場所を探す女』、という皮肉」というものをネットで見つけたけれど、

 

「花束のようにきれいで、しかしすぐ枯れてしまうように儚い贈り物をもらった」くらいにぼくは考えている。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

新卒から4年間働いた百貨店を退職します③【百貨店のこれから編】

■結論

百貨店のこれから進むべき道は、

縮小均衡

・百貨店事業の縮小・不動産業への転換

 

新卒から4年4か月働いた会社(大手百貨店)を 退職することになった前回の話はこちらから↓

achten.hatenadiary.com

achten.hatenadiary.com

 

このブログを読んでくれている百貨店関係者の皆様へ

この記事は、
ぼくが、百貨店がこれからどうしていくべきなのかという妄想を吐き出したものです。

 

ブログを始めて2年、数は少ないながらも、同業界で働く方から共感のコメントをもらったり、
同じ会社の会ったこともない後輩社員からメッセージが来たり、
「百貨店 将来性」が、最も多い検索流入キーワードになったりするなど、
百貨店関係者に読んでいただいているようです。

今回は、その方々に向けた最後の記事になります。

 

どうしてもイタい内容になってしまうと思いますが、
誰かに伝わって、くれればいいなと思って書きます。

 

 

 

イムリミットはあと5年

 

www.mag2.com

 

上記の記事では、

百貨店・大手4社(三越伊勢丹高島屋J.フロント リテイリングエイチ・ツー・オー リテイリング)の21年3月期(2月期)の決算と、最新の中間決算の現金預金をもとに、あとどのくらいで現金預金が枯渇するか(=各社の余命)を試算しています。

 

※試算の前提
売上総利益は、コロナ以前の7割。
販管費はコロナ以前の8割。

 

結果は下記の通りです。

 

三越伊勢丹:5年9カ月
高島屋:8年
フロント リテイリング:5年3カ月
エイチ・ツー・オー リテイリング:11年5カ月

 

コロナ後の経済回復を全く考慮していない、めちゃくちゃにざっくりな試算ではあるのですが、「仮にこのままいったらこうなる」という目安としては参考になると思います。

百貨店業界は斜陽産業と言われて久しいですが、
(ぼくが勤務していた百貨店の部署の先輩(40代中盤)が入社したときから、そんな空気がすでにあったそうです。)

長年勤めてきた百貨店社員からすると「ついにここまで来たか...」という感じではないでしょうか。

イムリミットはあと5年、それまでに利益構造を抜本的に変えなければ生き残ることはできない、と考えていたほうがいいでしょう。

f:id:achten:20210912204650p:plain

https://www.fashionsnap.com/article/2021-05-04/departmentstore/

 

①長期的には縮小均衡を目指すべき

 

1社何千人も抱える経営陣からはこんな言葉は口が裂けても言えないことですが、
ぼくはもう部外者なのではっきりと言えます。

 

日本人の総所得に対して、百貨店は多すぎます。

もっと言うと、地方の百貨店は必要ないと思います。(一部の地方中枢都市は除く)

地方百貨店が消える理由、相次ぐ老舗百貨店の倒産は「市場消滅」の前兆か? 【連載】成功企業の「ビジネス針路」|ビジネス+IT

 

以下2点が理由です。

・日本の総人口が減少している。(特に、人口流出により地方の人口が減少している。)

・中間層の所得が減少している。

→そもそも需要が少なくなっているし、ショッピングセンターやアウトレットと差別化できていない百貨店は存在意義が見いだせない。

 

「東京・大阪・その他一部の中枢都市にだけ、店を構え、希少性を上げ、
オンラインストアを拡大させることにより、

売上も大きく下がるが販管費も下げることによって利益を毎年出す」

という形が理想的であると考えます。

 

もちろん、雇用を守るという最大の課題もあります。

それについては、②で書く不動産業、その他新事業への配置転換をしながら、
なんとか出血を少なくし、徐々に徐々に高度を下げながら着陸させるしかない...と思います。

 

②百貨店事業の縮小・不動産業への転換

こちらの記事を引用します。 

achten.hatenadiary.com

 

「百貨店業を縮小させ、不動産業への転換を進める」

 

こと。

 

ぼくはこれが百貨店が、百貨店という形をできるだけ残すことができる唯一の道だと思っています。

 

現在、沈みゆく百貨店業界には2つの大きな動きがあります。

 

(1)「サービス」という百貨店の武器を磨き直し、百貨店道を極める。

百貨店が他の小売店より唯一秀でているサービス力を生かし、コンシェルジュサービスなどで、ネット通販や他の小売業と差別化し、活路を見出そうとする動き。

具体的企業:三越伊勢丹

 

(2)「脱百貨店」不動産業に転換

「百貨店」という形にこだわらず、テナントを入れ、安定した賃料収入を得る不動産業へ転換していこうという動き。

具体的企業:J.フロントリテイリング(大丸松坂屋·パルコ·GINZA SIXなどを運営)

 

ぼくはこの2つの要素がどちらも重要だと思っています。

ぼくが予想する百貨店の将来像は、

 

本店レベルの旗艦店(銀座三越·新宿伊勢丹·日本橋高島屋·松屋銀座など)

「ハイレベルなコンシェルジュサービス」「レトロ感」を売りにした店舗

 

都心店も含むその他の百貨店(西武渋谷·新宿高島屋·千葉そごうなど)

→百貨店要素を5%だけ残したテナントビル

 

このような形です。

不動産業への転換、つまり「ショッピングセンターを作るデベロッパー化」が有効であるということは、すでにJフロントリテイリングが証明しています。

piles-garage.com

 

一方で、ぼくは本店レベルの旗艦店には2種類の需要が見込めると考えています。

 

ひとつめは「ハイレベルなコンシェルジュサービス」です。 

すでに百貨店には外商という他の小売店にはない富裕層向けのサービスがあり、

強力な収入源になっています。

アイテムやブランドの垣根を越えて商品やライフスタイルを、マスだけではなく個人に提案できるのは百貨店の強みです。

そういったコンシェルジュサービスを店頭でも強化できれば、

とても強力なサービスになると考えます。

 

 ふたつめは、「レトロ感」です。

おそらく、数十年後、小売業の中で最後まで人がレジを打っているのは

百貨店だと思います。

 

50年後の地方から東京に観光しに来た若いカップルが

「百貨店ってまだ人が接客してるらしいよ!面白そうだから行ってみようよ!」

という感じで、残り僅かな数になった百貨店に来るという未来をぼくは予想しています(笑)

 

現在でも、日本橋高島屋日本橋三越の建物が重要文化財に指定されるなど、

レトロ感を感じられる内装や外装の店舗がいくつかあります。

また、エレベーターガールもその要素のひとつです。

 

100年以上の歴史がある「老舗百貨店」というブランドも相まって、

こういった魅力は未来にも残り続けるだろうと思います。

 

 

以上に加え、

・高所得のお得意様を多く抱えているという強みを生かした周辺事業の展開

→金融サービス、不動産サービスなど

 

・ショッピングセンターに限らない広い範囲(オフィスビル、ホテル、・リゾートなど)を取り扱うデベロッパーになること

 

なども有効であると考えています。

 

 

若手を抱える百貨店の先輩社員へ

 

今年だけで、
ぼくの同期が4人退職しました。

近い年次の先輩・後輩も、退職するという話を何件か聞きました。

それだけ、今百貨店業界の転職市場での優位性が弱まってしまっているということだと思います。

このままだと、業界全体がベテランだらけの、新しい風が入らないという、非常に不健全な状態になってしまうのではないでしょうか。

 

最後に、ぼくが退職する前の最後のチームミーティングで話した内容を
ここにも書きたいと思います。

 

「若手に裁量と責任を持たせてください。

ぼくたち、特にアベノミクスの好影響を受けた2013~2020年入社の世代は、

百貨店不況が叫ばれて久しいこの時代に「あえて」百貨店を選んで入社した世代です。

つまり、なにか百貨店自分でやりたいことがあって入社してきた人が多いということです。
ぼくもそうでした。

コロナで本来業務以外の業務も多くなってしまい、
とても大変な状況ではありますが、若手がやりたいことに取り組める環境をどうか少しでも残してあげてください。

どうかよろしくお願いします。」

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

転職して早1か月。

 

 

転職して早1か月。

転職して早い一か月が過ぎた。

この1か月は、新入社員のころに戻ったかのように毎日が新しいことの連続で楽しい。

 

ただとても疲れることも事実で、

「これが20代の今のうちでよかった」と本当に思う。

初めての転職がもう少し後だったら、さらに疲れは大きかったと思う。

 

 

この1か月で見たこと、感じたことは多く、

書きたいことはたくさんあるのだけれども

なかなか余裕がなく、書けていなかった。

 

またそれによって、自分にとっての書くことの重要性を実感する機会にもなった。

 

書くことの重要性

 

achten.hatenadiary.com

 

このブログでたびたび書いてはいるが、

ぼくは自分の思考吐き出して文字にすることによって、

メリットを得られる人間らしい。

 

書くことによって、思考を整理したり、内省することができるし、

自分のやりたいこと、目標を思い出せる。

 

最近忘れがちで、思い出した自分の「やりたいこと」は、

「緊急でも重要でもないけど自分が読みたいと純粋に思える本」を読むこと、である。

 

 

書きたいこと

とりあえず、構想中、書きかけの記事をメモ。

 

・「新卒から4年間働いた百貨店を退職します③百貨店のこれから編」

・「転職して感じたこと(大企業⇔ベンチャー)」

・「この10年間、スマホに削られた集中体力を取り戻すためにスマホ断ちする」

・「恋愛リアリティショーの新しい楽しみ方を発見した」

・「手ぶらで出かけるとQOLが上がった話」

・「何度も同じ作品を見続けてしまう病の正体」

 

まずは2週間に1記事(毎月第2・4日曜日)更新から始めよう。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

これで終わる。ここから始まる。

退職までまもない頃、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(2回目)を観てきた。

 

f:id:achten:20210726235638j:plain

https://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin2020/

るろうに剣心の実写映画シリーズは僕自身非常に好きで、また、

偶然にも、ぼくの人生の節目に関わる作品にもなった。

 

 

 

『The Beginning』はるろうに剣心シリーズの価値を一段と上げた

 

映画は、大きく分けて次の2種類に分けられる。

①視覚に訴える作品

アクションや、CGによる迫力ある映像を盛り込んだワクワクさせる映画

(例)『ミッションインポッシブル』

 

②心に訴える映画

映像に派手さはないけれど、ストーリーや俳優の演技で観た人に考えさせる映画

(例)「桐島、部活やめるってよ

 

もちろん①と②の間には無数のグラデーションがある。

(例)「①の要素が80%、②の要素が20%の映画」

るろう剣心は、『The Beginning』の前までの1作目~4作目までは①の要素が多い映画だった。

「これぞジャパニーズアクション映画!!」という超かっこいい殺陣アクションシーンががきっかけで、ぼくはるろうに剣心の映画のファンになった。

 

しかし、『The Beginning』は、
アクションシーンは前作までより少なめで、画面も地味(だがとても綺麗)。

最後の、敵との闘いシーンに至っては、剣心がただやられっぱなしという
前作までなら考えられない展開。

 

そのかわり、剣心の心情に焦点が当てられていて、
少年漫画原作なんだけれども、リアリティのある、小説にしても成立するような作品になっていた。

 

るろうに剣心映画シリーズ全5作品の中で一番好きな作品になった。。

 

 

人間は「終わり」と「始まり」に縁を感じる

 

1作目の『るろうに剣心』が公開されたのは2012年8月25日。

ぼくが初めて観たのは、2013年3月。

浪人生活が終わり第一志望の大学の合格発表の日に、

レンタルしてきたDVDを家族がリビングで観ていたのを覚えている。

 

そして、最終作の『The Beginning』を初めて観たのは公開日当日の2021年6月4日。

転職先の最終面接が終わった直後。

 

「将来やりたいことはまだわからないけれど、これを頑張っていればいつか何かにつながるだろう」と思いながら、目の前の大学受験という壁を乗り越えることができた節目の日と

 初めて自分の軸に基づいた、自分の意志で人生の選択をした節目の日が
るろうに剣心』で繋がった。

 

思えば、新卒で入社した今の会社も、
就活解禁だった3月1日、大学で行われた学内合同説明会で
一番最初に参加した企業だった。

 

いろいろな縁があった会社だったんだなとしみじみ思う。

 

これで終わる。ここから始まる。

このコピーの本意は、

・『The Beginning』が剣心の最初の物語であると同時に、るろうに剣心シリーズ最後の映画である。

・『The Beginning』で混迷の幕末が終わり、明治という剣心が望んだ平和な新時代が始まる。

などというところにあると思う。

 

ぼくも、新卒で入社した大企業を飛び出して、新たにチャレンジするこのタイミングにこの言葉を借りて、「ここから始まる」んだと胸に刻み、
頑張ろうと思う。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

新卒から4年間働いた百貨店を退職します②【退職はつらいよ編】

新卒から4年4か月働いた会社(大手百貨店)を
退職することになった前回の話はこちらから↓

 

achten.hatenadiary.com

 

 

世にも奇妙な1か月

 

世の中に転職を経験している人は多くいると思うのですが、
会社をまだ辞めたことがないぼくにとっては、
この1か月は、世にも奇妙な1か月でした。
そして、かなりストレスのかかる1か月でもありました。

 

どういうことかというと、、、

・辞めることは決まっていて、上司には伝えてはいるが、社内にはまだ僕が辞めると知らない人が多くいて、その人たちと今まで通り仕事の会話をしている。

 

・社内の人に退職の挨拶をしなければならないが、気まずくてなかなか言い出せず、一方で、やらなければならない仕事は最後まで残っているため、目の前の仕事を優先し、挨拶を後回しにしてしまっている。

挨拶を回り切れるかどうか不安。

 

・引継ぎもしなければならないが、最後の最後のイベント・プロモーションの担当になったため、時間がない。

 

・新しい会社に行くときに必要なもろもろな資料(源泉徴収書とか、健康保険証とか)のお願いがまだできておらず、間に合うか不安。

 

・新会社入社日を有給消化を頭にいれずに決めたので、有給を20日以上残して退社することに。(ある意味ボランティアで毎日仕事をしている。)

早く新会社で働きたかったので、後悔はないが、同時期に辞める同期はきっちり取り切ってから退社するそうで、ちょっとうらやましい。

 

など、気にしない人はまったく気にしないであろう些細なことではありますが、
ぼくは気にしちゃう人間なので、
毎日ストレスを抱えながら過ごしています。

 

 

 

お世話になった先輩への申し訳なさ

 

退職するときに、一番つらいのはこれだと思いました。

自分の会社や職場に恨みつらみがあって辞める人は、申し訳なさはあまりないのかもしれません。

しかし、ぼくの場合は違います。

ポンコツで手のかかる新入社員の頃から、優しく、厳しく育ててもらった
先輩に、入社して5年目というまだまだ投資をしてもらっているタイミングで、
「辞めます」と伝えるのはとても心苦しいことでした。

 

それでもほどんどの先輩は、

「あんなにかわいがってやったのにやめるのか、残念だな。」

「でもこのタイミングで決断で出来たことはよかったと思うよ。」

「私たちは会社にしがみつくしかないけど、あんたはまだ若いんだから気にせず行きなさい。」
「やりたいことが見つかって、それに向かっていくことはいいことだよ。まだ若いんだからいろいろ経験したほうがいいよ。」

 

と言ってくれました。

つくづく、自分がどんなに環境に恵まれていたか改めて思い知りました。

 

あと数日でなにができるか

 

いままで、退社までに、
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと焦って自分を追い込んでいたが、
結局やらないといけないことは、これしかないと開き直ることにします。

・今抱えている仕事(終わらせられるもの)を終わらせる。

・終わらせられない仕事、先の仕事の引継ぎをする。

・社内に挨拶をする。

・退職の手続き(書類とか)をする。

 

退職はなかなか大変です。

(それでもする価値があると思っているからするんですけどね。)
f:id:achten:20210718141041j:image

 

続きはこちら↓

 

achten.hatenadiary.com

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村