アラサー元百貨店マンの思考整備工場

百貨店に勤務していた社会人3~5年目の記録。もう書きません。

朝映画のすゝめ~『スパイダーマン ファーフロムホーム』を観てきた~

 今日はお休みだったので、

朝8時から1人で映画を観てきました。

 

観てきた映画は、6/28(金)に公開した、

スパイダーマン:ファー·フロム·ホーム』

 

www.spiderman-movie.jp

 

 

見事に(いい意味で)裏切られました!

スパイダーマンは、

おじさんの主人公がほとんどであるMCUの中で、

唯一の青春映画要素があるシリーズなので、

すごく貴重だなと改めて思いましたね。

 

感想はほどほどにして、

「朝映画、意外といいな」と思った点を書きだしていきます。

 

 

 

 

<朝映画のメリット>

 

1.空いている

 

 そもそも僕は、そんなに朝早く(8時台)から映画館が開いていることを

今回初めて知りました。

スパイダーマンFFHは、公開2日目ということでガラガラというわけではなかったけれども、

映画が始まってからも空席がありました。

 

普段、公開1週目くらいだと、

映画が始まる直前に行くと席が埋まっている映画館なんですが、

朝1番の上映ということで、やはり空いているようでした。

 

 

2.休日の時間を有効活用できる

 

ついつい寝て潰してしまいがちの休日の午前ですが、

「映画のチケットを取っている」と思うと、

否が応でも早起きできます。(ぼくは家から映画館が近いので、上映開始30分前に起床しましたけれども。)

 

映画を観終わっても、

「まだ11時!?これから行ってもコメダのモーニングに間に合うじゃん!!」

という驚きの特典が付いてきます。

 

 

3.朝割がある映画館もある

 

ぼくが行っている映画館ではありませんでしたが、

朝の上映だと割引になる映画館(イオンシネマイクスピアリシネマなど)もあるみたいです。

 

 

 

4.コアなファンが多い(なんとなく)

 

わざわざ早起きして映画館に来ているわけなので、

なんとなく観る映画のファンが(たぶん)多いので、

一体感を感じながら鑑賞できます。

 

今日ぼくが観たスパイダーマンFFHでは、

MCUを観てきたファンにしかわからない笑いどころで、

しっかり笑いが起きるなど、

目に見えない熱い絆を感じることができました。

 

 

 

 デメリットを上げるとするならば、

「お腹が痛くなる可能性におびえなければならない」ということですね。

(ぼくはこどものときから朝の胃腸の調子が不安定。)

 

 

以上、朝映画のすゝめでした!