アラサー百貨店マンの思考整備工場

入社5年目。挑戦し続けるけど、早く落ち着きたくもあるアラサー独身男子の日記。

新入社員時代の部長が退職した

 

新入社員時代の部長が会社を辞めた。

 

人望が厚い部長だった。

部下に優しく、厳しくもあったけど、

罪を罰して人を罰せずというような、その人の言うことならみんな

素直に聞ける、という人格者だ。

 

新入社員のぼくは、その場にいなかったから直接は見てないけれど、

部門と、本社や取引先と意見が食い違い揉めたときは、

部門のトップとして、戦ってくれるような人だと、先輩からよく聞いた。

 

仕事もできて、グループ会社の社長をやったこともあるような人だが、

そんな人が50代も入ったばかりのタイミングで会社を辞めた。

 

フリーランスとしてコンサルを始めるそうだ。

 

かっこいいな~、すごいな~と思うものの、

なんか年齢が遠いこともあって、「この人みたいになろう!」と

思うことは難しい。

 

ロールモデルが見つからくて辛かった新入社員時代

 

入社してから2、3年目までの頃、

「○○さんみたいになりたいな〜」と思える先輩が見つからず、悩んでいた。

 

「○○さん仕事できてすごいなー、かっこいおなー」と尊敬する先輩はたくさんいたものの、

この人みたいになりたい!、と思える先輩はいなかった。

 

これが何故辛かったかというと、

・自分が将来的にこの会社で活躍しているビジョンが見えないから

・頑張ったところで、自分の理想像にはたどり着かないんだろうなと思ったから

である。

 

 

自分の会社は、20~30代の社員が少ない(平均年齢は40代後半)。

新入社員当時の僕の周り(同じ部門内)に、自分のロールモデルとして現実的にイメージしやすい「20代男性の先輩」は2人しかいなかった。

 

 そしてその2人は、とても優秀ではあったけれども、

ぼくとタイプ(性格・キャリアの志向性・得意分野など)が

かなり異なっていた。

 

だから、これらの先輩は、

 「この人みたいになろう!」というロールモデルにはなり得なかった。

 

 

 

ロールモデルなんか見つからなくていい。」と開き直れたのは自分の働く軸を見つけたから

 

こういう悩みは、

平均年齢が40歳を超えちゃっているような古い大企業に勤めている20代にとっては

珍しくないなのではないだろうか。

 

少子化が進んでいる現代においては、

これからどんどんその傾向が強くなっていくだろう。

加えて、現代はキャリアに対する価値観も急速に変化してる時代である。

 

同じ会社に定年まで働くことを考えて大企業に入社した人は、40代には、

まだいたかもしれないけど20代にはほぼ存在しない。

 

そんな社会においては、ロールモデルを見つけることにそれほど価値はないと

ぼくは、ある時から開き直った。

 

そのある時とは、社会人になってから改めて自己分析をして、

自分の働く軸を見つけられたときである。

 

 

(とはいえ、「ロールモデル先輩」が見つかるような会社はうらやましい。

正直、ロールモデル先輩がいた方が成長スピードは上がるだろう。いいなぁ~。)