アラサー元百貨店マンの思考整備工場

百貨店に勤務していた社会人3~5年目の記録。もう書きません。

だけど僕は

ゲスの極み乙女。の1曲35分の曲がすごい。

 

 

ゲスの極み乙女。の結成10周年を記念したベストアルバム『丸』が5月11日(水)にリリースされた。

25曲を1曲にしてあるのだが、ただ繋げただけではなく、各曲をパーツごとに分解して再構築してあり(「Aメロはこの曲で、Bメロは別の曲で~」とか「メロディーはこの曲なんだけど歌詞は別の曲で~」みたいな)、素晴らしかった。

結成4周年のときから追い続けているから、なんだか感慨深い。

 

川谷絵音になりたいボーイだった。

 

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(2017)という好きな映画がある。

 

あれは、「最後、自分がなりたいものを妥協して、周りに求められる自分になるんだけど、やっぱりさみしい」という話とも取れる。

それでいうと、少し前までの自分は『川谷絵音になりたいボーイ』だった。

騒動後、約1年間の活動休止の後の初めてのライブで、ケロッとして何事もなかったかのように、堂々と自分の音楽をしていた姿は強く印象に残っている。

でも、「いつもこうやってるの?」と言って、寄ってきた女性を何人冷めた目で見ただけでは、川谷絵音にはなれない。

 

そういうタイミングが来たのだろうと思ったので、「なりたいもの」になろうとしていた時代に書いたこのブログはやめて、新しい場所でまた始めることにする。

別にこれはプラスでもマイナスでもなくて、「前進」だ。

 

いまでもなりたいもの、カイリュー、アメニモマケズの人、伊野尾慧

そんな中で、26歳くらいの時からなりたいもの3つは今もなりたい。

カイリュー

カイリュー

理由:優しくて人当たり良くてなおかつ強いから。

 

宮沢賢治雨ニモマケズ』の人

雨ニモマケズ

理由:ソウイウモノニワタシハナリタイから。

 

③伊野尾慧

28歳のころの伊野尾慧

理由:渋くなれない人にとっての光だから。

 

 

またいつかどこかで。